« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

もやっと

お友達と旅行に行ってきた。
旅行自体はおおむね楽しかったのだが。
もやっとする…。

ん~大体、今回の旅行は計画段階からめんどくさかったんだよね。
まずツアーをどこにするかで二人で会って相談。
そしてどこを回るかでまた会って相談。
そんなに相談必要ですか?
わたしは、まあ行きたいところに行ければ、あとはなんでもよかったんだけど、彼女は綿密に計画を立てたいらしく、めんどくさいながらもそれにお付き合いしていんだけどさ。

旅行の前半はかなりよかったんだが、二日目にわたしがホテルに帽子を忘れてきたあたりから雲行きがあやしくなってきた。
疲れもあってか、わたしもちょっと集中しきれず、温泉の階段から落っこちたり、道を間違えたりして、彼女にストレスを与えていたのかもしんない。
しかし、帽子を忘れたのも階段から落っこちたのも私なのに、なんで向こうの機嫌がだんだん悪くなるのかわからんが。

いや、ホントはわかっているんだけどね。
彼女はすっごいケチなんだよなあ。
だから、わたしの余計な行動で出費がかさむと機嫌が悪くなるのだった。
道を間違えたせいで高速料金が250円余計にかかったとか。
でもさあ、旅行で百円二百円を惜しむのはやめようぜ。
路面電車も、ふつうのやつだと150円なんだが、観光用のやつだと300円で、わたしは300円で記念になるなら全然そっちの方がいいので、「乗れてよかったね!」と振ったら、微妙に黙りこくる彼女。
お城に観光に行ったら、天守閣に登るのにお金がかかると聞いて「わたしは登らない」というので、結局わたし一人で登ってきた。

帰りもいろいろあって彼女の行きたい場所に行く時間がなくなり(でもそれは本人のせい)、
さらにお昼を食べるのに止めた駐車場が無料じゃなかったせいで、空港までわたしが運転している間、一言もしゃべろうとしない。
あのさあ。
大人なんだから、少しは運転手に気を遣えよ。
なんでわたしが運転しながらきみの機嫌をとらなくちゃいけないのよ。

決定打は空港で、出発まで2時間ほどあったので、お土産を見るあいだ荷物をロッカーに預けようとしたら、「あ、わたしは自分でもってるから」だって。
これにはさすがにわたしもイラッときて「どうせわたしは荷物預けるんだし、まだ入るんだから、いっしょに入れとけばいいじゃん!金は私が出すからさ!」と半ギレ。
あーめんどくさ。あーめんどくさ。

悪い子じゃないんだが、要するに彼女は本当は一人で旅行したいんだよね。
ただ、運転に自信がないから、ナビ代わりにわたしが必要なだけで。
もう彼女と出かけるのはやめよ…。
ドケチと旅行するといろいろめんどくさいから。

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »