« ひととして | トップページ | スペンサー・クイン「チェットと消えたゾウの謎」 »

荻原規子「RDG 6」

久しぶりの読書日記。
シリーズ最終巻ということで、図書館に予約まで入れて読んだのだった。
結論から言うと、ストーリー的には5巻の方が盛り上がった。
姫神としての本領発揮という感じで、カタルシスがあった。
今回はそういう意味での盛り上がりがあんまりなくて、むしろ泉水子の初恋の行方の話という感じ。
それはそれで悪くはないんだけど、もうちょっと超能力ストーリー的な展開を望んでいた私には激しく物足りない。
なんというか、味見だけさせてもらって、メインを目の前にしてシリーズが終了してしまった感じ。
これ、本当に続編ないのかなあ。
正直何にも解決していないし、というか何も始まっていないんだよね。
これから始まるよ!という予告だけの物語。
そういう物語もアリといえばアリだけど…。
まあ、最後の終わり方はコバルトっぽくてよかったけど。

これ、アニメ化するらしいね。
どこまでアニメ化するんだろ。
絵柄はずいぶんとかわいいけど、かわいすぎる感じがしなくもない。
そもそも、酒井駒子の表紙にひかれて読み始めた私としては、ちょっとフクザツ。

|

« ひととして | トップページ | スペンサー・クイン「チェットと消えたゾウの謎」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひととして | トップページ | スペンサー・クイン「チェットと消えたゾウの謎」 »