« 終わった | トップページ | 赤坂真理「東京プリズン」 »

伊坂幸太郎「夜の国のクーパー」

ちょっとずつリハビリしていこう。
そうでないと、ヒマになったせいでソリティア中毒になりつつあるので…。

というわけで、伊坂幸太郎。
あれ…構想○年というわりには…。
うーん…面白くないわけではないんだけど、なんというか、自己模倣になっている作品という気がした。
伊坂幸太郎にあこがれている作家が、真似して書いた、みたいな。
「オーデュボンの祈り」を思い出した。

正直言って、途中で話のネタが大体わかってしまったし、第一「クーパー」の設定が無理やりすぎる。
最後のオチのために設定を作ったような感じなので、違和感がある。
もちろん、オチのために作り上げるのは構わないんだが、ファンタジーだから「それはズルイでしょ」となってしまうのだ。
まあ大体いつもファンタジー風味ではあるんだけど、今回みたいな異世界ファンタジーの場合は、もうちょっと設定に気を付けた方がいいんではないだろうか。

|

« 終わった | トップページ | 赤坂真理「東京プリズン」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終わった | トップページ | 赤坂真理「東京プリズン」 »