« 赤坂真理「東京プリズン」 | トップページ | 「パシフィックリム」 »

有栖川有栖「江神二郎の洞察」

有栖川有栖はあんまり読まないのだが、この江神先輩シリーズだけは欠かさず読んでいる。
なんでだろう。
火村英生は、あまりにも「名探偵」然としていて、あんまり魅力を感じないんだよなあ。
それに引き替え、江神先輩は謎が多くて、しかもあんまり名探偵っぷりを前面に押し出していない。
そこがストイックで好きなのだった。

しかし、今回は短編集。しかもアリスと出会ったばかりの初期の事件が多くて、ミステリーとしては全体的に大人しい感じだった。
推理以前の話も多かったしね。
ミステリ好きの大学生がよくやるような、ちょっとしたばか騒ぎの連続、という感じ。
まあそれもいいのだけれど。

でも江神先輩のシリーズは長編があと一作で終わりというのはつまらんなあ。
火村はわりとどうでもいいので、こっちのシリーズをもっと長期化させてほしい。
だって、シリーズの終わり方もきっと後味悪そうなんだもん。
江神先輩ってなんだか死亡フラグが立ちまくりというか。
よくても行方不明とかで終わりそうな予感。

|

« 赤坂真理「東京プリズン」 | トップページ | 「パシフィックリム」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤坂真理「東京プリズン」 | トップページ | 「パシフィックリム」 »