« 阿部和重「和子の部屋」 | トップページ | 有沢佳映「かさねちゃんにきいてみな」 »

冲方丁「にすいです」

「和子の部屋」に続く、作家による対談集第2弾。
今回のホストは冲方丁。
この人はライトノベル出身ということで、イメージしていた作家像とさほど違いはなかった。
ただ、ゲストがいちいち冲方丁の大先輩にあたる大作家たちなので、終始低姿勢で、話が完全に聞き役に回ってしまっていたので、そこがちと物足りなかった。
というか、「和子」みたいにコンセプトのある対談集ではなく、あっちこっちの媒体に掲載された対談を一冊に集めたものなので、ある意味しょうがないんだが。

中でも、伊坂幸太郎とは同年代ということもあって、距離感が近くて面白かった。
「オー!ファーザー」も映画化されるんだね。
私的には「砂漠」をドラマ化してほしいんだけど…。

|

« 阿部和重「和子の部屋」 | トップページ | 有沢佳映「かさねちゃんにきいてみな」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿部和重「和子の部屋」 | トップページ | 有沢佳映「かさねちゃんにきいてみな」 »