« あさのあつこ「東雲の途」 | トップページ | 町田康「スピンク合財帳」 »

「証拠改竄」

たまにはお勉強本。
大阪地検特捜部の証拠改竄事件のあらましを追ったノンフィクション。

朝日新聞の記者が、大阪地検の情報源から、FDの証拠改竄の事実を知り、その真実を追いかけて記事にするまでなんだけど。
これが、記者視点でまとめられているんだよね。
朝日新聞の記者がどんな風に追いかけて行ったのか、というのが主眼になっている。
なんで検察官がそういう事件を起こしたのか、というのはあんまり触れられていない。
裁判がまだ決着していないんだっけ?
だから仕方がないのかもしれないけど。

ただ、やっぱり完全な三人称(まあ一応三人称ではあるけど)の方がよかったかな。
ちょっと「記者のお手柄!」みたいな手前味噌感がなきにしもあらずなので。
それにしても、ミステリの世界だと検察官が悪者だった、とかいうのは結構ありがちだが、現実世界でいかにそんなことがありえないのかよくわかった。

|

« あさのあつこ「東雲の途」 | トップページ | 町田康「スピンク合財帳」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あさのあつこ「東雲の途」 | トップページ | 町田康「スピンク合財帳」 »