« ジェフリー・ディーヴァー「バーニング・ワイヤー」 | トップページ | 貴志祐介「悪の教典」 »

内田樹「辺境ラジオ」

タイトルが「想像ラジオ」に似ているが、これは単なる偶然でしょう。
ラジオ番組自体は、震災前からやっていたらしい。

内田樹はいつか読まなくちゃな~と思っていたんだが、ラジオ番組を書籍化したこれが、対談っぽくて読みやすそうだったので借りてみた。
この本の一節が心に響いたというのもある。

「結婚というのは周囲からの圧力がないとなかなか実行できない」

という。
なるほどな~。
これ、わかるわ。
ま、わたしが結婚できないのは、周囲の圧力がないせい…ばかりでもないが。

内田樹は、もうちょっと理屈っぽい人かと思っていたが、想像とちがってもっとおおざっぱというか、ゆるい感じの人だった。
窮屈が嫌いなイメージ?
「多様性」を容認できるタイプというのか。
今はこれができる人が少ないよね。特に政治家…。

ラジオの収録場所が関西だったせいか、大阪の話題が多かったんだけど、このころと今とでは、橋下さんはかなり変節してきているので、今だったらどういう意見になるのか興味がある。

|

« ジェフリー・ディーヴァー「バーニング・ワイヤー」 | トップページ | 貴志祐介「悪の教典」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェフリー・ディーヴァー「バーニング・ワイヤー」 | トップページ | 貴志祐介「悪の教典」 »