« あけおめです | トップページ | 高田郁「あい」 »

武田百合子「犬が星見た」

「富士日記」を読もうと思っていたのだが、全3巻というボリュームにひるんでしまい、手に取りやすそうなこちらに。
でもこれはこれで面白かった~。

タイトルからはわからないと思うが、武田百合子が旦那の武田泰淳と竹内好と3人で行ったロシア旅行の日記。
百合子は、泰淳に「ポチ」と呼ばれているのでこういうタイトルになったらしい。
ロシアと言っても、当時はソ連?
わたしが生まれる、さらに数年前のこと。なので、いろいろと大変な旅行だったらしい。
でも、それでも百合子は全然ダメージを受けてない…。
旦那とか竹内好とかが、「疲れたから今日は出かけない」という日でも、一人で散歩に行ったり、とにかくじっとしていない。
そして、片言のロシア語でいろんな人に話しかけている。
ロシア語がわからなくても、日本語で話しかけている。
う~ん…尊敬する…。
最近では、こういうバイタリティにあふれる人ってなかなかいないよね。
旅行では大体みんな疲れたりストレスたまったりして不機嫌になるものだが、こういう人が一緒だと楽しい旅行になりそうだわ。

で、「百合子、楽しいか?」と泰淳に聞かれて一言。
「まだ面白くも楽しくもない。これからだんだんそうなると思う」だって。
すげえ。

|

« あけおめです | トップページ | 高田郁「あい」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけおめです | トップページ | 高田郁「あい」 »