« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | オリンピック雑感 »

「小さいおうち」

お出かけついでに、母と姉といっしょに見てきた。
まあベルリン映画祭で主演女優賞をとってなければ、観てなかったと思う。

山形の田舎から東京のとあるおうちに女中としてやってきたタキ。
若奥様はキレイで優しくて、ぼっちゃんは懐いてくれていて、申し分のない暮らし。
ところが、ある日旦那様の会社で働く板倉という若者がやってくる。
芸術家肌でちょっと風変わりな板倉に、若奥様はあっという間に惹かれていく。
タキは心配しながらも、二人をそっと見守るのだが、戦局は次第に激しくなり…。

実は原作を先に読んでいたのだが、全体的には原作に忠実なストーリーだった。
ただ、やっぱり演出がいろいろ過剰で、原作の方が感動は上だったと思う。

あとね~、主演女優賞のはずの黒木華の出番が思いのほか少ない。
松たか子の方が時間的には長かった。
だから、正直松たか子がかわいそうな感じ。
でも、演技という観点からみると、やっぱり黒木華がうまいな。
うまいというより、ほかの出演者がわりと「演技!」しているのに対し、黒木華は本当に自然に「女中」になっていた。
だからこそ、もっと出番をあげたかったなあ。

大体、タキちゃん視点の話なんだから、若奥様のエピソードはその視点外で、いらないといえばいらない。
むしろ、タキの感知している範囲内にしておいた方が、あの手紙のもつ意味ももっと大きくなったはずなのだが。

残された絵画の構図も、本当はもっと違っているはずだった。
映画では二人が家の前に立っている構図だったけど、原作ではあの嵐の夜の絵だったはず。
それがまた胸を打つのになあ…。

あと戦争中の生活にもっとクローズアップしてほしかった。
小さいおうちで幸せに暮らしていた家族が、戦争で少しずつ生活を変えざるをえなくなっていく、というのが原作のキモだったんだし。

といろいろ不満も残るのだが。
でも全体的にはなかなかの佳作かな。

|

« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | オリンピック雑感 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

さすが職業柄(?)、あんたはあらすじ書くのがうまいね~。
とても分かりやすい。

まあ、あの時言ったけど、最後のほうが説教臭かったね。

投稿: ちえぞう | 2014年2月26日 (水) 06時37分

なんか、政治批判みたいな感じになってたね。
山田洋二が言いたいことだったんだろうけど…。
ちょっと蛇足な気がした。

投稿: ロザリー | 2014年2月26日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | オリンピック雑感 »