« 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 | トップページ | 夏川草介「神様のカルテ」 »

「アナと雪の女王」

日曜日の昼間に観に行ったせいで、家族連れにまみれて鑑賞する羽目になったが、幸いガキンチョどもは恐れていたほどにはうるさくなかった。
隣は4人連れの家族で、しかも3席しかとっていない!という(子供が2歳児くらいだったからか)、ある意味絶望的な状況だったのだが、うるさかったのは子供よりもむしろバリバリポップコーンをむさぼっている母親の方だった。
途中でひっくり返すし。

で映画。
う~ん…正直いって、ストーリーが破綻していないか?
最後はさすがに泣かされたけど、ところどころ、内容の詰めが甘くて、ちょっとイラっとした。

生まれつき雪と氷を操る魔法を持っている(なぜ持っているのかという説明は一切ない)エルサと、無邪気で明るいアナは仲の良い姉妹だったが、ある日遊んでいるときにエルサがアナに魔法をぶつけてしまうという事故が。
王と王妃があわてて姉妹をトロールのもとに連れていき(なぜトロールなのかがはっきりせず)、アナの魔法に関する記憶をけし、エルサは魔法を制御できるようになるまで人前に出ないようにするということに。
そして月日が流れ、王と王妃が海で遭難して亡くなってしまい、エルサが若き女王として戴冠式を迎えることに。
ところが、アナがその日に出会ったばかりのハンス王子に恋してしまい、結婚の約束をしてしまったことがきっかけとなり、エルサは衝撃のあまり封印していた魔法を解放してしまう…。

たぶん、二人が疎遠なまま成長し、最後は和解する、という大枠だけ決まっていて、辻褄が合うようにストーリーをくみ上げていったのだと思うのだが、「アナの記憶を消す」という必然性がわからない。
あと、序盤がほとんどアナ視点なので、エルサが「レリゴーレリゴー!」となってしまうまでの葛藤があまり描かれず、なんだか唐突感がある。
あと、クリストフって必要か?
途中でアナを助けるべく登場してきて、まあ個人的にはスキなキャラではあるんだが、彼がいなくてもオラフ(雪だるま)がいればそれで問題なかったような気も。

わたしにとっては、「塔の上のラプンツェル」の方が断然いい。
完成度も何もかも。
それがここまで話題になるというのは、やっぱり歌の力かな。
ラプンツェルは歌がイマイチだったからなあ。
メロディラインをすぐに忘れてしまう。
「レリゴー」は忘れられないもんなあ。

|

« 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 | トップページ | 夏川草介「神様のカルテ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 | トップページ | 夏川草介「神様のカルテ」 »