« いとうせいこう「未刊行小説集」 | トップページ | 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 »

内澤洵子「からだのいいなり」

38歳で乳がんになりながらも、その後に発病前よりも健康になった…という闘病記。
らしいのだが、読んでいてあんまりそういう印象は持たなかった。
病気を経て体質が変わったり、ヨガをはじめたことで代謝がよくなったり、ということはもちろんあったのだと思うが、やっぱり乳がんは乳がん。
しかも全摘だから…。
後遺症ももちろんあるだろうし、再発の可能性だってゼロではない。
そんなにいい話ではなかった。

で、読んでいてなんだかしっくりこなかったのは、著者が人生に投げやりなこと。
まあ本当にどうでもいいと思っているわけじゃないだろうけど、「人間どうせいつかは死ぬ」みたいに、達観しているのがどうしても共感できなかった。
なんでだろ。
こういう、必要以上にサバサバしている女性がどうしても受け付けない。

この著者は、屠畜関係の著書が多くて、余計にそういう生死に対するある種の哲学みたいなものがあるんだろうけど…。

|

« いとうせいこう「未刊行小説集」 | トップページ | 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いとうせいこう「未刊行小説集」 | トップページ | 天久聖一「ノベライズ・テレビジョン」 »