« 乃南アサ「いちばん長い夜に」 | トップページ | 加納朋子「はるひのの、はる」 »

梓崎優「叫びと祈り」

新人とは思えない安定した文章。
これは、久々に期待できる作家が登場したかも。
一応、主人公が同じ連作集ということになっているんだが、舞台が世界中あちこちにちらばっているので、起きる事件もさまざま。
ミステリなので殺人事件が起きるのだが、その殺人の理由や背景などもさまざまで、かなり事前の調査が必要な話ばかり。
そういう、日常では決してないミステリにあえて挑戦しているのが立派だと思う。
単なる推理ではなく、叙述トリックも取り入れて、かなり凝ったつくり。
私が特にスキだったのは、新人賞を受賞したという砂漠の話。
わりと救いのない話も多いなかで、後味が一番よかったというのもある。
今後が楽しみだわ。

|

« 乃南アサ「いちばん長い夜に」 | トップページ | 加納朋子「はるひのの、はる」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乃南アサ「いちばん長い夜に」 | トップページ | 加納朋子「はるひのの、はる」 »