« 北夏輝「恋都の狐さん」 | トップページ | 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」 »

佐藤青南「消防女子!」

タイトルが予想がつく通り、消防士としては駆け出しの蘭が、いろんな失敗や挫折を味わいながらも成長していく物語。
一応謎解きの部分もあり、ジャンルとしてはミステリーになるんだろうか。

蘭の父親がやっぱり消防士で殉職しており、その遺志をついで消防士になったりするあたりはまあありがちだが、ちょっとびっくりしたのは、蘭の同僚にも殉職者が出てしまったこと。
偏見かもしれないが、こういうパターンの物語では、身近な人にそういう死者はあんまりでないものなのに…ぎりぎりで助かったりするのに…。
でもおかげで、消防士という仕事がいかに危険と隣り合わせかがわかった。

ずっと昔だけど、中学校の同窓会をやったときに、消防士になった男の子がいたんだよね。
で、「消防士は保険に入れない」と聞いてすっごくびっくりした記憶がある。
危険すぎて保険に入れないらしい。
そ、そんな…。
家族はいったいどうすればいいんだ?
まあ、危険手当的な、何かそういう補助があるのかもしれないけど…。
でもさあ。

|

« 北夏輝「恋都の狐さん」 | トップページ | 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北夏輝「恋都の狐さん」 | トップページ | 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」 »