« 椰月美智子「その青の、その先の」 | トップページ | 高田郁「美雪晴れ」 »

宮部みゆき「霊験お初捕り物帳」

「ペテロの葬列」が終わった。
原作を読んでいないまま、ドラマだけ先に見たのだが…う~ん。
相変わらず、後味の悪い終わり方だ。
でも、遅かれ早かれああいう展開になることはわかっていた気がする。
杉村はやっぱり、探偵として独立していくべきだよ。
小泉孝太郎も、そんなに大して魅力のある俳優だとは思っていなかったけど、品の良さと人柄の良さが、あそこまで嫌味なくハマるとは思わなかった。当たり役だね。

というわけで、宮部みゆきの初期作品を読んでいなかったことに気づき、今更読んでみた。
やっぱりこの人は時代小説の方が生き生きしているね。何度も言っているけど。
霊験お初というだけあって、いつものように「霊感」をもつ少女が主人公のシリーズ。
霊感がうまいこと働きすぎじゃない?というきらいはあるが、「震える岩」では忠臣蔵と絡めたり、「天狗風」ではしゃべる猫が出てきたりと、いろんな趣向を凝らして飽きさせない。

「三島屋シリーズ」が一番好きなんだけど、こっちもいいなあ。
しかし、もうお初のシリーズは新作が出そうにないな。
お初と右京之介がどうなるのかもちょっと気になるのだが。

|

« 椰月美智子「その青の、その先の」 | トップページ | 高田郁「美雪晴れ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椰月美智子「その青の、その先の」 | トップページ | 高田郁「美雪晴れ」 »