« ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏」 | トップページ | 宮尾登美子「蔵」 »

近藤史恵「キアズマ」

「サクリファイス」に続く一連の自転車競技シリーズ。
一作目も確かに読んだのだが、いまいちはっきり記憶に残っていない…。
そんで、一応「ミステリ」というくくりだった気がするのだが、それ以降のシリーズはミステリ的要素はほとんどなく、純粋なスポーツ小説という感じ。

大学に入学したての岸田は、ちょっとした諍いから、先輩にケガを負わせてしまう。
その代償として、先輩の代わりに自転車競技部に所属することに。
長年柔道の経験はあったものの、ほとんど自転車には興味のなかった岸田だが、スポーツマンとしての体質は自転車に思わぬ適性を見出していく。
最初はとてもうまくやっていけるとは思わなかった櫻井という2年生とも、次第に心を許していくのだが、そのうちライバルとして並び立つ。
しかし、櫻井にはどうしても負けられない理由があった。

この、ストイックなスポーツの世界観が何とも言えない。
いま日曜夜のラジオで「ミラクルサイクルライフ」という番組を聞いているのだが、なぜあんなに自転車が面白いと力説するのか、この小説からもその一端が伝わってくるような気がする。
単に実力のある選手が勝つのではなく、駆け引きがあったり、チームメイトのための犠牲があったり(ここらへんに焦点をあてたのが「サクリファイス」だったが)、この競技の面白さに目を付けたところがすごい。
最近は、ドーピングやらなにやらで、ちょっと人気が落ちているようだが、初心に立ち返って頑張ってほしいな。
…まあちゃんと見たことないけど。

|

« ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏」 | トップページ | 宮尾登美子「蔵」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏」 | トップページ | 宮尾登美子「蔵」 »