« 森達也「アは愛国のア」 | トップページ | 宮部みゆき「あかんべえ」 »

辻村深月「ネオカル日和」

今や直木賞作家の辻村深月だが、エッセイはびっくりするほどつまらんなー。
なんというか、個性がまったく感じられない。
よく悪くも真面目なエッセイ。

作家のエッセイなんて、ウケを狙ってナンボじゃないかと私は思っているのだが、その要素ゼロ。
直木賞作家として西加奈子を見習ってほしい。

後半には短編小説も入っていて、それはそれでまあまあ面白いんだが…。
たぶん、この作者はエッセイ書くよりも物語を書く方がラクなんだろうなあ。

|

« 森達也「アは愛国のア」 | トップページ | 宮部みゆき「あかんべえ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森達也「アは愛国のア」 | トップページ | 宮部みゆき「あかんべえ」 »