« スティーヴン・キング「11/22/63」 | トップページ | ロザムンド・ラプトン「さよなら、そして永遠に」 »

宮部みゆき「火車」

これも古い作品だけど未読だった。
サラ金地獄を描いた社会派ミステリー。

ケガをして休職中の刑事の俊介は、遠縁の青年に頼まれて、失踪してしまったという彼の婚約者を探すことに。
自己破産をしたという過去があった彼女だが、行方を捜していくうちに、その背後にとんでもない謎が隠されていることが発覚。
なんと、彼女は戸籍上にある人物とは全く別の人間だった…。

カードローン、借金地獄の恐ろしさをとことんまで描いていて、かなり怖い。
一番怖かったのが、失踪した彼女の友人が、「久しぶりに会ったら、なまものが一切食べられなくなっていた」と証言したところ。
いわゆる、裏の世界で生きていたせいでっていう…生々しいよお。

今は借金取りに捕まったら、人生おしまい、というほどまでではなくなっているはずだけど、かつては確かにこういう時代があったよね。
この間、会社の研修でこういうサラ金に勤めていた人の話を聞いたんだが、自殺する人がばんばんいたりして、本当に地獄だったらしい。
でも他人事じゃないよなあ。

|

« スティーヴン・キング「11/22/63」 | トップページ | ロザムンド・ラプトン「さよなら、そして永遠に」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スティーヴン・キング「11/22/63」 | トップページ | ロザムンド・ラプトン「さよなら、そして永遠に」 »