« 今野敏「隠蔽捜査」 | トップページ | 小松左京「日本沈没」 »

渡辺俊美「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

マンガの原作になっているので読んでみた。
しかし、ものすごく文章が少ないのでびっくり。
これでマンガが成立するのか?

一年の浪人を経て無事に高校受験に受かった息子のために、何かしてやりたいと思った著者。
そこで「弁当を毎朝作る」ということを思い立つ。
息子も「お父さんのお弁当が食べたい」というので、その期待に応えるべく、毎朝いろいろと工夫して、息子に喜んでもらえるようなお弁当を作る…という、それだけの話。

とくに感動エピソードとか、特別なレシピとかもなし。
しかし、このお父さんがかっこいいんだよ。
写真もかっこよかったけどさー。
時々失敗しながらも、息子が喜ぶ顔見たさでがんばっちゃうお父さん。
ミュージシャンで、当然地方ツアーとかもあって忙しかったりするんだけど、お弁当を作るために早く帰ってきたり。
理想のお父さんじゃね?

|

« 今野敏「隠蔽捜査」 | トップページ | 小松左京「日本沈没」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今野敏「隠蔽捜査」 | トップページ | 小松左京「日本沈没」 »