« 「哲子の部屋」 | トップページ | 宮部みゆき「ソロモンの偽証」 »

三浦しをん「政と源」

イラストが円陣闇丸ってどうよ?
これ、完全にオタク層を狙っているでしょうが。

ストーリーはわりとありがちな、腐れ縁同士のご老人・政と源が、ちょっとした事件を協力しながら解決していくという連作集。
気になったのはモデルとなった舞台はどこか?ということ。
下町には違いないんだが、浅草よりも東側っぽいんだが、ちょっとどこだかはっきりしない。
それにしても「三匹のおっさん」とシチュエーションが似ているな。
「政と源」の連載開始はかなり昔なので、どっちが先なのかは微妙なところだが。

個人的には、政の視点だけではなくて、源の視点のストーリーもほしいところだ。
それこそオタク向けの本なら、スピンオフとかでそういう話も載っていたりするんだけどね。
そこまでのサービスはなかった。
まあイラストだけでもありがたいとするか…。

|

« 「哲子の部屋」 | トップページ | 宮部みゆき「ソロモンの偽証」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「哲子の部屋」 | トップページ | 宮部みゆき「ソロモンの偽証」 »