« ロジーナ・ハリソン「おだまり、ローズ」 | トップページ | テリー・ヘイズ「ピルグリム」 »

山本弘「翼を持つ少女」

表紙の絵がライトノベルっぽくてどうかな~と思ったのだが、読んでみたらなかなか面白かった。
「ビブリオバトル」をテーマにした本。

ビブリオバトルというのは、5分の持ち時間で自分の好きな本を紹介し、それを聞いた人が「どの本が読みたくなったか」というのを投票して、チャンプ本を選ぶという競技。
一回参加してみたいのだが、やっぱり自意識が邪魔してなかなか難しい。

とある高校の「ビブリオバトル部」に所属する面々が、お互いの本を通して理解を深めていくというストーリー。
主人公の伏木空がいかにもどんくさいメガネの女の子で、それに対するのが兄を事故で亡くした寡黙な少年だったりして、ちょっとありきたりなキャラクターかも。
ほかもキャラが立ちすぎていて読みづらい部分もあり。
それさえなければかなり面白い本。

何が面白いって、紹介されている本が面白そう。
主人公の空がSFオタクということなので、圧倒的にSFが多いのだが(作者もSF作家だから当たり前といえば当たり前)、それ以外のノンフィクションなんかも面白そう。
ただ、やっぱり作者の得意分野の科学系が多いように感じるので、もうちょっと違ったジャンルも取り上げてくれるといいなあ。

|

« ロジーナ・ハリソン「おだまり、ローズ」 | トップページ | テリー・ヘイズ「ピルグリム」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロジーナ・ハリソン「おだまり、ローズ」 | トップページ | テリー・ヘイズ「ピルグリム」 »