« 小野一光「家族喰い」 | トップページ | 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 »

上田秀人「奥右筆秘帖シリーズ」

時代小説って、あまり構えずに読めるので、わりとよく読むほうだと思うのだが。
なかなか面白いシリーズに出会えた。

奥右筆という、幕府の事務方を一手に引き受ける役職ある立花併右衛門と、彼の警護にあたることになった隣家の次男、柊衛悟。
この二人が、徳川将軍の父が仕組む悪事に巻き込まれながらも、二人で協力して正義を貫こうとする話。

一応一話完結だが、メインのストーリーはずっとつながっている。
そのたえ、面白い巻もあればイマイチな巻もあるのだが、とにかくこのコンビが絶妙でたまらない。
併右衛門は何かというと「養子の口を探してやる」というのをエサにして、衛悟をこき使っているのだが、実は併右衛門には一人娘がいて…という、設定がたまらない。
衛悟は気が回るタイプではないものの、誠実でかなり強い剣士なので、彼にはぜひがんばってもらいたいわ。

|

« 小野一光「家族喰い」 | トップページ | 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小野一光「家族喰い」 | トップページ | 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 »