« 上田秀人「奥右筆秘帖シリーズ」 | トップページ | 池井戸潤「ロスジェネの逆襲」 »

森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」

う~ん…やっぱり「有頂天家族」は面白いなあ。
タヌキの家族というところが秀逸だよね。

天狗の赤玉先生の息子が、突然京都に帰ってくる。
親子は弁天をめぐって諍いとなり、断絶していたのだった。
一方、偽右衛門の後継者となる準備をしていた矢一郎たちと、叔父である夷川の対立も深刻化。
天狗の二代目はどうなるのか、そして偽右衛門は?
矢一郎と矢三郎の恋もからんで大騒ぎ!

という、前回同様のドタバタコメディなわけだが、文体が独特なので、リズムにのってさくさく読める。
矢三郎兄弟の祖母とか、矢一郎の片思いの相手とか、新しい登場人物(狸物)?もいい味を出している。
あと、海星がなぜ姿を現さないのかという理由も明らかに。
なんだか納得できるけど、姿を出さないままの方がよかったような気も。

個人的には弁天がいらないのだが、まあ物語のアクセントとしては必要か。
でも今回は弁天がしっぺ返しを食らうので、いい気味だわ。
二代目にはがんばってもらいたい。

|

« 上田秀人「奥右筆秘帖シリーズ」 | トップページ | 池井戸潤「ロスジェネの逆襲」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上田秀人「奥右筆秘帖シリーズ」 | トップページ | 池井戸潤「ロスジェネの逆襲」 »