« 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 | トップページ | トム・ロブスミス「チャイルド44」 »

池井戸潤「ロスジェネの逆襲」

半沢直樹シリーズ第三弾。
ロスジェネ世代には気になるタイトルだったのだが…。

東京中央銀行から証券会社に出向となった半沢は、あるIT会社の企業買収を手がけることになる。
だが、話を進めた矢先、その案件を東京中央銀行に横取りされてしまう。
関係者たちの裏切りによるものだったが、そこに企業の陰謀をかぎとった半沢たちは「倍返し」の逆襲に挑む。

相変わらず、後半のどんでん返しが爽快。
なんというか、経済界でこういう展開を考えられるというのはすごいな。
アクションとか殺人とか何もないのに、読んでいてワクワクするもん。

心配していたのだが、どちらかというとロスジェネ世代に同情的な内容だった。
半沢たちはバブル世代の恩恵にあずかった世代だけど、お互いに対立するわけではなくて、いまこの不況という現実にそれぞれの立場でがんばろう、みたいな。
しかし、半沢はまた東京中央銀行に戻ることになったわけだが、大丈夫なのか?

|

« 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 | トップページ | トム・ロブスミス「チャイルド44」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」 | トップページ | トム・ロブスミス「チャイルド44」 »