« 西加奈子「ごはんぐるり」 | トップページ | 柚木麻子「本屋さんのダイアナ」 »

上田秀人「目付鷹垣隼人正裏録」

「奥右筆」シリーズがあんまり面白かったので、こちらも読んでみた。
もっと長いシリーズなのかと思いきや、たった2冊で終了。

内容的には、「奥右筆」シリーズと設定が似ている。
とつぜん目付に抜擢された暁は、将軍綱吉からも直接声をかけられる。
彼に命じられたのは、家康が残したという書付の正体を知ることだった。
暁は、妻の兄でもあり親友でもある平太郎とともに、その秘密を探ろうとするのだが、そこには決して触れてはいけない、徳川家と春日局に関する真実が隠されていた…。

知の暁と武の平太郎という組み合わせは、まんま奥右筆シリーズ。
だけど、結論を急いだわりに、あっちいったりこっちいったり、寄り道が多いのが難。
ちゃんばらも嫌いではないが、もうちょっと落ち着いて取り組んでほしい感じ。

|

« 西加奈子「ごはんぐるり」 | トップページ | 柚木麻子「本屋さんのダイアナ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西加奈子「ごはんぐるり」 | トップページ | 柚木麻子「本屋さんのダイアナ」 »