« ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊」 | トップページ | スティーブン・キング「ドクター・スリープ」 »

辻村深月「ハケンアニメ!」

てっきり派遣社員ががんばるアニメ業界という意味のタイトルかと思ったら、「覇権アニメ」ということらしい。
これ作者の造語かなあ。
あんまりいいタイトルじゃないな。

同時にテレビに放映されるアニメの中で、もっとも話題をさらった作品におくられる「ハケンアニメ」という称号。
かつて魔法少女アニメに革命を起こした鬼才・王子監督、そして超有名大学からアニメ業界に入った新進気鋭の女性監督・斉藤、それをサポートするアニメ会社の人間や、委託でアニメーション作成を請け負っているアニメーターなど、アニメをめぐる人々の熱い思いが描かれれる。

まあ辻村深月もアニメが好きなんだろうなあ。
この小説そのものよりも、むしろ作中作のアニメが面白そう。
「サウンドバック」と呼ばれる作品があるんだけど、これが音を奏でるごとに新しい変形ロボットが生まれるのだが、それと同時に主人公は永遠にその音を失ってしまうという設定。
なかなかよく考えられているなあ。

魔法少女アニメの方は、どうにも「まどかマギカ」をイメージしているとしか思えないが。
どうなんだろう。

|

« ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊」 | トップページ | スティーブン・キング「ドクター・スリープ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊」 | トップページ | スティーブン・キング「ドクター・スリープ」 »