« 中脇初枝「わたしをみつけて」 | トップページ | デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 »

朝倉宏景「つよく結べ、ポニーテール」

史上初の女子プロ野球選手の物語。
小さいころから男の子にまじって野球をしてきた真琴。
周囲の反対を押し切って、高校でも野球部に入り、吐くような思いをしながらも、自分なりのピッチングを手に入れていく。
ところが、ある日酔っぱらった監督にわいせつな行為をされそうになり、そのことが原因で、キャッチャーだった恋人とも別れてしまうことに。
しかし、それから何年もかけて立ち直った真琴は、プロ野球団に投手としてスカウトされる。

押さえの投手として初登板する現在と、小さいころから野球を続ける真琴の過去とを交互に描く構成。
これがなかなかはまっていて面白かった。
とくに真琴の造形が自然でとてもいい。
ちょっとおバカなところがあるんだけど、それぐらい鈍感じゃないと、とても男性にまじって野球はできないだろうから、ヘンにストイックよりもいい。
表紙が「ザワさん」の漫画家のイラストなのでぴったり。

そういえば、あだち充のマンガで「アイドルA」というマンガがあったけど。
アイドルと投手を掛け持ちする女の子の話。で、瓜二つの幼馴染がアイドルの代役を務める、みたいな。
あれは最後どうなったんかなあ。

|

« 中脇初枝「わたしをみつけて」 | トップページ | デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中脇初枝「わたしをみつけて」 | トップページ | デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 »