« 吉野万里子「ロバのサイン会」 | トップページ | チャールズ・スコット「スコット親子、日本を駆ける」 »

長岡弘樹「教場」

図書館で予約がたくさん入っていたので、そんなに人気なのかと思い借りてみた。
う~ん…予想とだいぶ違う話だった。

警察官を目指す若者たちが集まる警察学校。
みんな志は一つ…のはずなのだが、閉鎖的な環境で次第に人間関係がおかしくなっていく。
さらに、得体のしれない教官も登場し…。

これ、何か似ているなーと思ったら、「ジョーカー・ゲーム」だった。
太平洋戦争中の架空のスパイ養成所の話。
雰囲気というか、教官とその教え子の関係性がまんま同じ。
ただ、あちらはスパイだからだましあいが当たり前だけど、こっちは警察官だからね。
警察官がこんなに病んでいるやつばっかりだと思うと、げんなりするわ。
これ、警察学校である必要あったのかな。

|

« 吉野万里子「ロバのサイン会」 | トップページ | チャールズ・スコット「スコット親子、日本を駆ける」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野万里子「ロバのサイン会」 | トップページ | チャールズ・スコット「スコット親子、日本を駆ける」 »