« デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 | トップページ | 片野ゆか「動物翻訳家」 »

北村薫「八月の六日間」

うん、なんというか紛うことなきアラフォー女性の登山小説。
すがすがしさもあるが、物足りなさもある。

日々仕事に追われる女性編集者が、息抜きにと休みをとって単独の登山旅行に出かける。
一人で登山するのは気楽で、しかも現地での出会いがまた楽し。
体調が思わしくなくて予定通りにいかないことも、登山で出会った人と下界で再会したりと、思わぬ出来事も起こるのだった。

ということで、癒される…というにはあっさりしすぎかな。
途中で、過去に同棲していた相手が、若い女性と結婚したという話を知って動揺する、というエピソードがあるが…。
これはこれで、過去の思い出と片付けるには苦すぎるので、あんまり癒されるところじゃない。

とはいえ、登山が好きな人にはいいかもしれない。
わたしは個人的に登山はしないので、まったくわからないが。
でも、単独行とは言っても、素人ではとてもいけないようなかなり本格的な登山。
あとがきに「主人公は登山に慣れているので、ふつうの人は簡単にまねしないように」とかなんとか書かれてあった。
確かに、なんかこれなら自分でも登れそうと思っちゃうかもね。

|

« デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 | トップページ | 片野ゆか「動物翻訳家」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デイヴィッド・ミッチェル「出島の千の秋」 | トップページ | 片野ゆか「動物翻訳家」 »