« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

伊坂幸太郎「ジャイロスコープ」

ばらばらの寄せ集めの短編集。
なのだが、最後の一編で全部をつなげる工夫をしているのがユニーク。
ちょっとナンセンスな掌編もあるけれども、伊坂テイストあふれる作品もあり。
一番最初の「浜田青年ホントスカ」は、まったく期待せずに読み始めたので、最後の展開にびっくり。
あーこれはだまされた。面白い。

「あるキング」とか、一時伊坂幸太郎らしさから自分で抜け出そうとしているのを感じていたけど、あとがきを読んで、やっぱりそういうのを意図的にやっていたんだなということがわかった。
でも、やっぱり伊坂テイストは大事にしてほしいわ。

| | コメント (0)

宮部みゆき「孤宿の人」

一度読んだはずなんだけど、あんまりいい思い出がなかった。
読み返してみて、「あーこういうことか」と納得。

乱心して妻と子供を殺したとして、丸海藩にお預かりとなった加賀さま。
丸海藩では加賀をどのように扱えばいいかについてもめにもめ、結局「呪われている」と噂のある里はずれの屋敷に押し込めることになる。
不義の子として江戸を放り出され、丸海藩にやってきた「ほう」は、町医者の家で働いていたが、ある日その家でほうを可愛がってくれていた娘が、毒殺される。
それすらも「加賀様の祟り」として片づけられていくなか、不信感を抱いた引手の宇佐は、その背後に何があるのかを知ろうとするのだが…。

とにかく人が死ぬ。死にまくり。
死ななくていい人がいっぱい死ぬ。
う~ん…ある意味手抜きなのかなあ。
この終わり方に納得できなかったからいい思い出にならなかったんだろうけどさ。
ちょっと都合よく、というか安易に人を殺しすぎる。
もっとほかの終わらせ方があったはず。

| | コメント (0)

葉室麟「はだれ雪」

忠臣蔵のエピソードを中心に、「武士のあり方」に翻弄される男女を描いた時代小説。
永井勘解由は、殿中で刃傷沙汰を起こし、切腹させられた浅野内匠頭の最後の遺言を聞いたとして、辺境の藩に流罪となる。
その接待を命じられた未亡人の紗英は、永井と接していくうちに、その誠実さにひかれていくように。
しかし、赤穂藩の中では仇を討つべしという気運が高まりつつあった。
「最後の言葉」を知る永井の元へ、大石ら赤穂藩の人間が次々と訪れるようになるのだが、そのことが不信感を招くこととなり…。

う~ん…設定としては面白いと思うんだよ。
ただ、忠臣蔵というエピソードに絡めるには、「最後の言葉を聞いた」というだけのつながりでは引っ張り切れていないというか。
「なんでこんなに永井のところに来るの?」と不信感を抱くぐらいに、どうでもいい用件で人がひっきりなしにやってくる。
まあそうしないと、永井の主人公としての必然性がないからなんだろうけど。
これは短編でやるべき題材だったな。
はっきり言って新聞連載にしたのは失敗だったと思うわ。

| | コメント (0)

中島京子「長いお別れ」

認知症の父親をめぐる話と聞いて、ちょっと読む気がなくなりそうだったんだが、結果としては読んでよかった。
だいたい、こういうテーマにすると最後は切ないし、途中もいろいろあって哀しい話になりがちなんだけど、あんまり悲壮感がなくてよかった。

茉莉・菜奈・芙美の三姉妹の父親がアルツハイマーと診断されてから数年。
薬の効果がなくなり、症状が一気に悪化してしまう。
介護に明け暮れる妻と、気にはしていても、自分の生活が最優先で、なかなかフォローできない娘たち。
元教師だという父親は、最初は記憶があいまいだったり、言っていることがちぐはぐだったり、という程度だったのだが、段々と会話を交わすのも難しくなり…。

「長いお別れ」というのはいいタイトルだなあ。
癌で急に死ぬのと、認知症でゆるゆる死んでいくのと、どちらがいいのか悩むところだが、こうしてゆるゆる死んでいくのも悪くはないのかも、と思わせる作品だった。

| | コメント (0)

西加奈子「まにまに」

西加奈子はエッセイが面白いな。
ただ、今回のエッセイは音楽とかも入っていて、そこらへんはわたしの守備範囲ではないので、申し訳ないが飛ばし読みさせていただいた。
音楽は好きな人はいろんな話を語りたがるが、わからない人間にとってはちっともわからないので辛い。
文章だと音楽が伝わってこないからさー。

しかし、西加奈子も一気に有名になったなあ。
「サラバ!」はまだ未読なんだけど、まあ急いで読みたい感じでもない。
あんまり売れすぎない方がいい作家のような気もするがどうだろう。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »