« 宮部みゆき「孤宿の人」 | トップページ | 恩田陸「消滅」 »

伊坂幸太郎「ジャイロスコープ」

ばらばらの寄せ集めの短編集。
なのだが、最後の一編で全部をつなげる工夫をしているのがユニーク。
ちょっとナンセンスな掌編もあるけれども、伊坂テイストあふれる作品もあり。
一番最初の「浜田青年ホントスカ」は、まったく期待せずに読み始めたので、最後の展開にびっくり。
あーこれはだまされた。面白い。

「あるキング」とか、一時伊坂幸太郎らしさから自分で抜け出そうとしているのを感じていたけど、あとがきを読んで、やっぱりそういうのを意図的にやっていたんだなということがわかった。
でも、やっぱり伊坂テイストは大事にしてほしいわ。

|

« 宮部みゆき「孤宿の人」 | トップページ | 恩田陸「消滅」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮部みゆき「孤宿の人」 | トップページ | 恩田陸「消滅」 »