« 中島京子「長いお別れ」 | トップページ | 宮部みゆき「孤宿の人」 »

葉室麟「はだれ雪」

忠臣蔵のエピソードを中心に、「武士のあり方」に翻弄される男女を描いた時代小説。
永井勘解由は、殿中で刃傷沙汰を起こし、切腹させられた浅野内匠頭の最後の遺言を聞いたとして、辺境の藩に流罪となる。
その接待を命じられた未亡人の紗英は、永井と接していくうちに、その誠実さにひかれていくように。
しかし、赤穂藩の中では仇を討つべしという気運が高まりつつあった。
「最後の言葉」を知る永井の元へ、大石ら赤穂藩の人間が次々と訪れるようになるのだが、そのことが不信感を招くこととなり…。

う~ん…設定としては面白いと思うんだよ。
ただ、忠臣蔵というエピソードに絡めるには、「最後の言葉を聞いた」というだけのつながりでは引っ張り切れていないというか。
「なんでこんなに永井のところに来るの?」と不信感を抱くぐらいに、どうでもいい用件で人がひっきりなしにやってくる。
まあそうしないと、永井の主人公としての必然性がないからなんだろうけど。
これは短編でやるべき題材だったな。
はっきり言って新聞連載にしたのは失敗だったと思うわ。

|

« 中島京子「長いお別れ」 | トップページ | 宮部みゆき「孤宿の人」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中島京子「長いお別れ」 | トップページ | 宮部みゆき「孤宿の人」 »