« ピエール・ルメートル「その女アレックス」 | トップページ | 宮部みゆき「過ぎ去りし王国の城」 »

伊坂幸太郎「陽気なギャングは3つ数えろ」

伊坂作品で一番好きな「陽気なギャング」シリーズ第3弾。
この機会に、「地球を回す」と「日常と襲撃」も読み返してみたのだが、やっぱり一番秀逸だったのは、最初の「地球を回す」だな。
ありとあらゆる伏線が一番最後につながって、これぞ伊坂!という完成度だった。

それに比べると、今回のはやや物足りなかったかも。
相変わらず、それぞれの個性を生かして難局を乗り越えていくのは面白かったのだが、ちょっと最後強引なところがあった。
でも成瀬さんはかっこいいなあ。
こういうパーフェクトにかっこいいキャラクターを、何のてらいもなく出せるというのも、いいところかもしれない。

前作から数年後という設定なので、もしかしたら成瀬と雪子が…?と期待しないでもなかったのだが、そういう気配はみじんもなかった。
まあ、伊坂幸太郎にラブロマンスを求めてはいけないな。

|

« ピエール・ルメートル「その女アレックス」 | トップページ | 宮部みゆき「過ぎ去りし王国の城」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエール・ルメートル「その女アレックス」 | トップページ | 宮部みゆき「過ぎ去りし王国の城」 »