« 乾くるみ「イニシエーションラブ」 | トップページ | ピエール・ルメートル「その女アレックス」 »

加納朋子「トオリヌケキンシ」

ミステリーというほどではない、ちょっとした仕掛けがある程度のアンソロジーなのだが、それが読者の予想を心地よく裏切ってくれるので、どれもよかった。
涙なしには読めない。

特に最後の話。
これは作者である加納朋子の実体験に基づいているんだろうなあ。
もともとほのぼの系の話を書く人ではあったんだけど、ここまでストレートに優しさを描いた作品はなかった気がする。
あまり話題にもなっていないし、派手な作品ではないのだが、本屋大賞を上げてもいいんじゃないかっていうぐらいの佳作だった。

|

« 乾くるみ「イニシエーションラブ」 | トップページ | ピエール・ルメートル「その女アレックス」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾くるみ「イニシエーションラブ」 | トップページ | ピエール・ルメートル「その女アレックス」 »