« 高田郁「蓮花の契り」 | トップページ | 梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」 »

宮部みゆき「模倣犯」

久しぶりに読んだら、ちょうどドラマもやっていた。
主人公は中谷美紀で、犯人役は坂口健太郎。中谷美紀は正直どうかな?と思ったが、なかなかピッタリだった。
坂口健太郎も、好青年と狂気を持った青年の両方をうまく演じていたと思う。

ストーリーはいまさらなので、説明しないけれども、改めて「模倣犯」ってタイトルはなんでだろう?と読んでいる最中ずっと疑問だった。
それが氷解するのは、最後の最後の一番クライマックスのところ。
なるほどな~。このクライマックスをめがけて、ストーリーを立ち上げていたんだな。
そう考えるとすごいわ。

|

« 高田郁「蓮花の契り」 | トップページ | 梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田郁「蓮花の契り」 | トップページ | 梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」 »