« 池井戸潤「銀翼のイカロス」 | トップページ | 高橋和巳「邪宗門」 »

ジャニス・P・ニムラ「少女たちの明治維新」

明治時代に、岩倉使節団とともに海を渡った少女たち。
津田梅子、大山捨松、永井繁の3人にスポットを当て、どのようにアメリカでの生活を送っていたのか、そして帰国後彼女たちはどのような道を生きることになったのかを、丹念な取材でつづる。

津田梅子と大山捨松は有名だけど、もう一人いたことは知らなかった。
この人はすぐに結婚して子供を産んだので、特に歴史に名を残すようなことはなかったのだが、明治政府の肝いりでアメリカに旅立ち、その成果を特に求められることもなかったというのが、当時の女性の微妙な立ち位置を想像させる。

日本に帰国したあとはいろんな資料があるのだから、個人的にはアメリカの生活をもうちょっと詳しく描いてほしかった。

|

« 池井戸潤「銀翼のイカロス」 | トップページ | 高橋和巳「邪宗門」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池井戸潤「銀翼のイカロス」 | トップページ | 高橋和巳「邪宗門」 »