« 冲方丁「冲方丁のこち留」 | トップページ | 池井戸潤「銀翼のイカロス」 »

三浦しをん他「罪と罰を読まない」

タイトルからして強烈なのだが、要するにドストエフスキー「罪と罰」を読まないで語る、というコンセプトの本。
名作って、読まなくてもなんとなーくストーリーがわかっていたりするのだが、そういうあいまいな記憶のままに、この本について4人が語るという大胆企画。

もちろん、最初から最後まで全く未読、というのでは話が進まないので、数ページだけ抜粋して読みあげてもらい、そこから前後のストーリーを推理したりもする。
でも、それだけでも結構話がわかっちゃうから不思議なものである。

三浦しをんのほか、岸本佐知子とあとはクラフトエヴィング商会の二人という、なかなかな人選。
この中では、三浦しをんが飛びぬけてテンションが高かったなあ。
そのおかげで推理が進むんだが、その場の雰囲気がどうだったのか気になる。
そして、「罪と罰」は読むと結構面白そうだということがわかった。読まんけど。

|

« 冲方丁「冲方丁のこち留」 | トップページ | 池井戸潤「銀翼のイカロス」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冲方丁「冲方丁のこち留」 | トップページ | 池井戸潤「銀翼のイカロス」 »