« 米澤穂信「氷菓」 | トップページ | ピエール・ルメートル「死のドレスを花婿に」 »

ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」

「その女アレックス」で読者の度肝を抜いたルメートルだが、実はこの作品は3部作の2作目だったので、その前に第一部が存在する。
それがこの「悲しみのイレーヌ」。
しかし、この話のオチは「アレックス」の方でわかってしまっているので、そういう意味ではこっちを先に読むべきだった。

刑事カミーユは、連続惨殺事件の犯人を捜すうちに、その殺人がとある有名なミステリを見本にしていることに気付く。
自己顕示欲が強い犯人を気を引こうと、カミーユは独断で新聞に記事を載せ、犯人に呼びかけるのだが…。

タイトルロールのカミーユの妻、イレーヌだが、実はあんまり登場してこない。
なので、後半までこの奥さんのことを怪しんでいた私だった。
まあそれは外れだったんだけど。
意外な犯人というのはまあそうなんだけど、「アレックス」のインパクトの比べると、かなり弱い。
次の三作目もつい最近出版されたんだけど、カミーユの身にろくでもないことがおきそうで読むのが怖いなあ。

|

« 米澤穂信「氷菓」 | トップページ | ピエール・ルメートル「死のドレスを花婿に」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米澤穂信「氷菓」 | トップページ | ピエール・ルメートル「死のドレスを花婿に」 »