« ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」 | トップページ | 角幡唯介「空白の五マイル」 »

ピエール・ルメートル「死のドレスを花婿に」

気が付くと、家庭教師として教えていた子供の死体を抱えていたソフィー。
一体何があったのか、自分は何をしでかしてしまったのか。
ところどころ記憶を失い、そのために人生を狂わされてきたソフィー。
名前や素性を隠して結婚することで、新しい人生を手に入れようとするのだが…。

途中で、犯人であるフランツの視点が入り、ソフィーの過去がわかるのだが、それだけで終わらないのがこの作者。
「アレックス」なみに途中で大どんでん返しを食らわせて、最後は痛烈な復讐劇に変わる。
それにしても、こういうのをどうやって思いつくのか。
作者の頭の中が恐ろしいわ。

|

« ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」 | トップページ | 角幡唯介「空白の五マイル」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」 | トップページ | 角幡唯介「空白の五マイル」 »