« 角幡唯介「雪男は向こうからやってきた」 | トップページ | 伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」 »

和田竜「村上海賊の娘」

戦国時代、大阪本願寺を攻めようとする織田信長に対して、味方につくか敵につくかでお互いの一挙一動を謀る大名たち。
そんな中、村上海賊の娘として生まれた景は、本願寺に向かおうとする信徒をなぜか送り届けることになり、戦の渦中へと身を投じることになる。

予備知識ゼロで読み始めたのだが、てっきりもっと長いスパンの話かと思っていた。
村上海賊の娘の生涯を描く、みたいな。
しかし実際はごくごく短い期間の話だったんだな。
景のキャラクターがあまりにもアニメチックというか、戯画化されすぎている傾向があるが、それもまあ味かなあ。

時代小説としては新味があるかもしれないけれど、ちょっとがちゃがちゃしすぎたかな。
「のぼうの城」もそうだったけど、キャラを立てすぎてストーリーがすっと入ってこないのよ。
たぶん、これも映画化されると思うが、だれが景を演じるのかだけが気になった。
昔の基準だとブスで、今の基準だと美人らしいから。

|

« 角幡唯介「雪男は向こうからやってきた」 | トップページ | 伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 角幡唯介「雪男は向こうからやってきた」 | トップページ | 伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」 »