« 朝井まかて「眩」 | トップページ | 宮部みゆき「三鬼」 »

よしながふみ「あのひととここだけのおしゃべり」

以前にも読んだはずなんだが感想は書いてなかったかな?
よしながふみの対談集。
同世代なので読んでいる少女マンガがけっこうどんぴしゃで面白かった。

一番納得したのは、最初のやまだないとと福田里香との対談。
「なんで文化人の男の人は大島弓子をわかりたがるのか」。
これすっごい納得!
わたしも時々、「少女マンガ結構好きだよ」という男の人に会うのだが、その人たちがそろって口にするのが大島弓子。
でもさ、大島弓子って少女マンガとしてはかなり異端だよ。
これが少女マンガだと思っていたら大間違い。
なのに、なんでか大島弓子がわかる=少女マンガがわかると思っているのでタチが悪い。
大島弓子、萩尾望都、高野文子、岡崎京子。
ここらあたりは少女マンガではないのであしからず。

|

« 朝井まかて「眩」 | トップページ | 宮部みゆき「三鬼」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝井まかて「眩」 | トップページ | 宮部みゆき「三鬼」 »