« マーク・グリーニー「暗殺者の反撃」 | トップページ | ナオミ・ノヴィク「ドラゴンの塔」 »

坂木司「アンと青春」

「和菓子のアン」の続編。
こっちも読んでいるはずなんだが、和菓子屋でアルバイトしている杏という少女の話、というぐらいしか覚えてなかった。
まあそれだけでも十分なんだが。

それにしても、けっこうこの本、人気があったはずなのに、なんか暗い話だったわー。
杏が真面目すぎて、いちいちネガティフ゛になりすぎ。
お客さんのひとこととか、先輩から言われた言葉とか、そんなのに過剰に反応して、仕事へのやる気を失ってしまう。
でもさ、所詮(といったら何だけど)、アルバイトじゃん。
そんな一生をささげた仕事ということでもないのに、なんでそんなにいちいち深刻なのか。
若いんだから、そういうのをもうちょっと軽々と乗り越えてほしかったわ。

|

« マーク・グリーニー「暗殺者の反撃」 | トップページ | ナオミ・ノヴィク「ドラゴンの塔」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーク・グリーニー「暗殺者の反撃」 | トップページ | ナオミ・ノヴィク「ドラゴンの塔」 »