« 高田郁「あきない世傳 金と銀」 | トップページ | 森見登美彦「ぐるぐる問答」 »

支援BIS「辺境の老騎士」

いろいろと言いたいことがあるこの本…。
元もとは「小説家になろう」の方で読んだのだった。
あまりの面白さと、伏線の回収の見事さに舌を巻いた。
下手な文学作品よりもスバラシイ。

というのが私の評価なのだが、この単行本の方は、3巻で刊行が止まってしまっている。
いわゆる打ち切りというやつだろうか。
確かに…いわゆるライトノベルと同じ系列に並べるには、地味すぎる。
巨乳の美少女とか、転生してきた勇者とかが出てくるわけではないし。
主人公はタイトル通りの老騎士だし。
でもこの老騎士がめっちゃいい味出しているんだけれども。

あと表紙のイラストのせいだという意見も見たことがある。
イラストレーターはわたしの好きな笹井一個という人なんだけど、これもライトノベルとしては異色。
でも牧歌的な雰囲気が作品とマッチしていると思うんだけどなあ。
読んでない人にはわからんか。

とにかく、強く続巻の刊行をのぞむ。

|

« 高田郁「あきない世傳 金と銀」 | トップページ | 森見登美彦「ぐるぐる問答」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田郁「あきない世傳 金と銀」 | トップページ | 森見登美彦「ぐるぐる問答」 »