« スティーブン・キング「ザ・スタンド」 | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」 »

ピーター・トライアス「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」

う~ん…はっきり言って趣味じゃなかった。
ぜんぜん予想と違ったな。

太平洋戦争末期、アメリカで収容所に入れられていた日系人たちは、日本が戦争に勝利したことを知る。
日本は、アメリカを統治して、収容所で生き残った日系人たちの子孫が、天皇の名のもとに、逆らうものたちを一方的に始末していく、恐怖政治を行っていた。

日本が戦争に勝っていたらこうなるという、最悪のデストピアSF。
まあそれは別にどうでもいいのだが、とにかく拷問シーンが気持ち悪すぎる。
両手を毒アリに噛ませたりとか…もっとひどいのもあったな。
なんか表紙を見ると、日本がロボットを使って、世界を支配していく的な話かと思ったら、全然違ってた。
ロボット、どっかに出てたか?
ぜんぜん印象に残ってないが。

|

« スティーブン・キング「ザ・スタンド」 | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スティーブン・キング「ザ・スタンド」 | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」 »