« 道尾秀介「スタフ」 | トップページ | スティーブン・キング「ザ・スタンド」 »

王城夕紀「青の数学」

数学×青春小説。
としか言いようがない。

数学に魅せられ、ひたすら数学に取り組み続ける栢山。
高校に入学し、周囲に影響されながら、「数学とは何か」「自分にとっての数学の意味」を考えはじめるようになる。
そんなある日、ネット上の数学バトルに誘われて…。

う~ん…1巻目はわりと面白かったんだが、2巻がね。
とにかく、数学バトルバトルバトル…。
バトルはいいんだが、どういう内容なのかが全く描かれていないので、「○○が勝った」「××が負けた」みたいなことになっていて、何が行われていたのか全然わからん。
ここをもうちょっと丁寧に書くべきじゃないのか?
もちろん、小難しい数式を並べても読者がついてこないと思ったんだろうが、それにしてももう少しチラ見せしてくれないと。
数学の成績が2の私には理解できないと思うが。

|

« 道尾秀介「スタフ」 | トップページ | スティーブン・キング「ザ・スタンド」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道尾秀介「スタフ」 | トップページ | スティーブン・キング「ザ・スタンド」 »