« リチャード・アダムズ「ウォーターシップダウンのウサギたち」 | トップページ | ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」 »

黒川博行「喧嘩(すてごろ)」

安定の二宮&桑原シリーズ。
ストーリーはいつもかなり込み入っていて、今回も途中からよくわからなくなってきた。

学生時代の友人から、選挙で起きたいざこざを解決してほしいと頼まれた二宮。
ヤクザが絡んでいると知り、いやいやながらも桑原に伝手を頼んだのだが、選挙に立候補した政治家の裏を知り、それを使って大金を手にしようとたくらみはじめ…。

今回はシリーズの中ではわりと短い話だった。
もっと破天荒になってもいい感じだが、桑原がまたヤクザに復帰しそうなので、そうなったらまた派手にやらかしてくれるかもしれない。

|

« リチャード・アダムズ「ウォーターシップダウンのウサギたち」 | トップページ | ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リチャード・アダムズ「ウォーターシップダウンのウサギたち」 | トップページ | ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」 »