« 若林正恭「ご本、出しときますね」 | トップページ | キンバリー・ブルベイカーブラッドリー「わたしがいどんだ戦い1939年」 »

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」

泥棒の黒澤が登場するシリーズ。
とある家で人質立てこもり事件が発生。
犯人は一家三人を人質に、家に立てこもるのだが、実はそこには泥棒に入っていた黒澤が居合わせていた。
仕方なく、父親のふりをする黒澤だったが、ほかの母と子にも何やら秘密があるようで…。

かなり入り組んだ設定のミステリ。
途中でよくわけがわからなくなったが、それにしてもよくできている。
こういう発想がどこから浮かぶんだろう。
まあ個人的には、発想うんぬんより、いつものおなじみのメンバーが登場するのが嬉しいんだが。
黒澤みたいに常にクールなキャラは大好きです。

|

« 若林正恭「ご本、出しときますね」 | トップページ | キンバリー・ブルベイカーブラッドリー「わたしがいどんだ戦い1939年」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若林正恭「ご本、出しときますね」 | トップページ | キンバリー・ブルベイカーブラッドリー「わたしがいどんだ戦い1939年」 »