« 伊坂幸太郎「AX」 | トップページ | 松岡圭祐「黄砂の籠城」 »

原寮「それまでの明日」

14年ぶりの新作ということで、めちゃくちゃ楽しみにしていたのだが。
う~ん…。

沢崎のもとに、とある紳士が依頼に来る。
依頼の内容は、ある料亭の女将のことを調べて欲しいというものだった。
ところが、その依頼に取り掛かろうとしている沢崎は、銀行強盗に遭遇してしまう。
その事件の場所となったのは、依頼人が支配人を務めている金融機関だったのだが…。

銀行強盗の下りは面白かった。
ちょっと伊坂幸太郎っぽくて。
でもその後がなあ。
沢崎につきまとう青年がいろいろ邪魔で、なんだか事件がボンヤリしてしまった感じ。
最後まで読むと「そういうことかあ」と納得はするのだが。
もうちょっと事件そのものが盛り上がってもよかったような。
あんまり沢崎が活躍する場面がなくて、単なる謎解きで終わってしまったのが残念。
まあみんなも年をとるしな。

|

« 伊坂幸太郎「AX」 | トップページ | 松岡圭祐「黄砂の籠城」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊坂幸太郎「AX」 | トップページ | 松岡圭祐「黄砂の籠城」 »