オリンピック雑感

オリンピックが終わって一週間になるが、今さらながらに思ったことなど。

なんといっても、今回のオリンピックの話題をさらったのはフィギュアだろう。
羽生くんが金メダルをとったのもニュースだけど、やっぱり浅田真央だよね。
SPで失敗してしまってから(というか、わたしはSP見てないんだけど…とても見る気にはなれない…)、胸がつぶれるような思いをした人は多いはず。
わたしも、特に浅田真央のファンというわけじゃないのに、彼女の心痛を思うと、一日仕事が手につかなかった。

で、思ったのだが、あのフリーの日、あの時に浅田真央を応援している気持ちほど、純粋な応援ってなかったんではないだろうか。
もしもSPを4位とか5位ぐらいで終えていたら、「あと何点でメダルに手が届く!」となって、どうしても邪念が生まれてきたはず。
でも、あの時点で逆立ちしたってメダルはムリだとなったからこそ、結果を度外視して、「とにかく笑顔で終わってほしい!」とみんなが純粋に願えるようになったのでは。

結果的にメダルは手に入らなかったものの、浅田真央の演技が与えた影響というのは決して小さくなかった。
東京でオリンピックを開くことになったわけだが、そのときにあのときのような気持ちで選手を応援できるかどうか、そこにオリンピックの成功がかかっているような気がする。

| | コメント (0)