寿への道 83

ここには書いていないが、相変わらず婚活はぼちぼち続けているのだった。
ネット婚活はわりといいな。
クリスマスの時期は、申し込みが多くて断るのが大変だったくらいにモテた。
しかし、年が明けるとそれが嘘だったかのようにベタナギに…。

それでも、先週は和歌山出身だという人とお見合いしたのだが。
メールで結構いい感じで、話もあったし、外見もわりと好印象だったのだが…。
かなりグルメな人らしく、お店もその人が選んだビストロ。
雰囲気も値段も手ごろで、また個人的に来たいなと思うぐらいだった。
しかし!
相手の人が、前菜を半分以上残している。
確かに、前菜にしてはボリューミーだったんだが、前菜だよ?
「食べないんですか?」と聞いたら、「味が濃くて…」だって。
はあ?
いや、これがファミレスとかだったら私も何も言いませんよ。
でもさ、ビストロってシェフがそれなりに自信を持ってお出ししている料理なんだから、味が濃いぐらいで残すなよ!
我慢して食えよ!
…という思いが抑えきれず、「じゃあ残りいただきます」と言って、わたしが食った。
味がどうというより、衛生的にどうなんだと思ったけど…。
でも、お店の人に悪いじゃん。

それで、なんとなく雰囲気が悪くなって、結局そこで終了。
それはまあこちらも納得済みなんだけど。
許せないのは、「実家に帰ったときのお土産を持っていきますね!」と何度も何度も言っていたくせに、最後までお土産くれなかったこと。
いや、別にお土産期待していたわけじゃないけどさ。
くれるつもりがないなら言うなよ、って話ですよ。
あーなんだか損した。

| | コメント (0)

寿への道 82

仕方がないこととはいえ、ネット婚活は苦戦中。
年齢的に、バツイチの多いこと多いこと。

子持ち(別居)バツイチという人とメールのやりとりをしていたんだが、けっこうイラっとさせられた。
向こうは根掘り葉掘りこっちのことを聞いてくるのに、わたしがした質問の答えは一行のみ。
挙句、「付き合っていた人に褒められたのはどこ?」とか「アピールポイントは?」とか。

…プレゼンかよ!

で、正直に答えるのもイヤなので、はぐらかしていたら、「質問の意味がわからなかった?」だって。
バカにするのもいい加減にせえよ…。
そんでこっちもキレ気味のメールを返したら、速攻でお断りされた。
こっちからされる前に先手を打ったんだろうな。
どうせ、放置しておけば自然とお断りになるのに…。

あー疲れる。
やっぱバツイチはバツイチでも、子どもがいるのに離婚した人は気を付けた方がよさそうだ。
一つ学んだ。

| | コメント (0)

寿への道 81

久しぶりに寿。
え?81?そんなにやってるの…?
自分でびっくりした。

どうせ収穫はない…と思いつつも、ただ手をこまねいているのはイヤなので、また婚活サイトに手を出してみた。
今回は有料で身分証明も必要なところ。
まあ有料ったって、相談所に比べたら微々たるものなので、ここはケチらないことにした。

登録したばっかりなので、申し込みは次から次へとくるのだが…。
思いのほか、バツイチの人が多い。
まあ年齢的にしょうがないんだけども。
むしろバツイチの人の方がいろいろ学習しているので、初婚よりもいい、という意見も聞くが、どうなんだろう。
ともあれ、バツイチでも子供がいる人は遠慮させていただいた。
いろいろ人間関係がややこしいのは勘弁してほしい。

まあ、クリスマスに恋人…とまではいかなくても、デートの相手ができるといいなあ。

| | コメント (0)

寿への道 80

ほぼ1年ぶりの寿。
さすがにアラですらないフォーになってしまったので、ちょっと正念場かなーと。
半分あきらめつつ、お見合いパーティー的なものに行ってきた。

しかし。
家を早く出過ぎたので、ちょっと遠回りしていったら、向こうで道に迷って結局遅刻…。
幸先悪すぎ。
しかも、同年代限定のお見合いだったんだけど、男性が女性の半分以下!
これって詐欺じゃん!
あー腹立つわ~。
しかも、中には五十代、さらには六十代まで…。
なんだこら。
ほとんどおじいちゃんと孫の会話ですよ。
なんか、会話の途中にいきなり「株の損を取り戻さないといけない」とか言い出して、メモ帳に「株価」ってメモってるし。
おじいちゃんはも~しょうがねえな。
疲れるばっかりで実りのないお見合いだった。
主催者側も人数の差を気にしてか、別のお見合いで使える1000円割引チケットをくれたけど。
まあここは二度と使わないだろうな。

というわけで、おしゃれして出かけたのが丸損なので、映画を見ることに。
前からチケットを買っておいた「レ・ミゼラブル」。
これの感想は別枠で。

| | コメント (0)

寿への道 79

ここんとこ、学校の方が忙しくてブログにまで手が回らない…。
しかし今日はひま。
本当は一番忙しいはずなのにね。
先生の方が忙しさに追いついてないんだな、これが。
返事が来るまで小休止。

ということで、先週ちょっとした飲み会に参加してきた。
合コンではなく、あくまでも飲み会。
友達が、ついこの間飲んだ相手から誘われたということで、それなりの人数になるのかと思ったら、2対2の四人だけ~。
しかも、向こうの一人は遅れてきた。
しかし!幹事の彼がいわゆる営業タイプというか、気をそらさずに話すのがうまくて、思いのほか楽しかった。
あとから来た彼も、わりと私の好みのタイプだった。
が!飲み会ですから。
なんか「理想のタイプ」をお互いに語り合う、という不毛なことをしてしまった…。
そんで、店は二時間きっかりで追い出されたんだけど、その後は男二人でのみに行ってしまったのだった…。
これは脈なしだな。
しかし、楽しかっただけに悲しいわ。
ま、飲み会ですからね…合コンではなく…。

| | コメント (0)

寿への道 78

三回目のでえと。
今回は美術館へ。
しかし!待ち合わせ場所に向かう途中で、メールが来ているのに気付き、見たら「待ち合わせ時間を30分遅らせてください」だと!
もう家でてるっつーの!
「適当に時間つぶします」って、暗に「もうこっちは家でてるんだよ」というのを強調しておいた。
まあ家が遠いから(神奈川の奥地)仕方ない部分もあるんだが。
携帯で検索できるでしょ?路線とかさ?
という嫌味のひとつも言いたくなる。
そんで行った美術館もまた…。
現代美術館というのは、現代美術しかないんだな…。
初めて知ったよ。
しかも。モダン・アートなどという生易しいものではなく。
いきなり、暗闇でひたすら歌っている若者を映しているビデオとか、父親に再会するときの予行演習をするというビデオとか、汚いダンボールに埋め込まれているテレビに延々そのダンボールの中をはっていく制作者の姿が映し出されたりとか。
まあ、端的にいって訳がわからない。
みんな、これを芸術だといっているの?それでいいの?
あー。普通の印象派とかでいいよ、わたしは。
向こうもイマイチぴんとはこなかったらしく、そのあとちかくの庭園を散歩して口直し。
庭園はよかったが、あっちこち燈篭が倒れていて、地震の爪あとが生々しかった。
夕飯は、向こうが予約を入れておいてくれた。
なんかそういう段取りとか、ありがたいんだけど、やりすぎ感もあるわ~。
ともかく、その店は前回の店と比べると断然「アタリ」だった。
小さい店なんだけど、コストパフォーマンスがなかなかよくて、客も少ないけどその分ゆったりできていい。
まあ場所的に二度とは行かないと思うが。

| | コメント (0)

寿への道 77

この間の人と二回目。
あ、二人いたけど後の方の人ね。
一人目は…音信不通。
どうでもいいが、自分からメールしてこないのって何なんだろうな。
そのつもりがなくてメールしないなら理解できるんだけど、こっちの態度待ちみたいなのはちょっとなあ。
男としてどうよ?

そんで今度は夕飯をいっしょにした。
イタリアンの店を予約しておいた、というのでそれなりに期待していったんだけど…。
その店…行ったことがあったんだよなー。
本人にも正直にそう申告したけど。
おともだちがわたしの誕生日のお祝いをそこでやってくれたんだけど、ネット情報はよさげだったのに、行ってみると激しくがっかりな店なんだよ。
とにかく狭い。
そして窓が小さくてダサい、民家にあるようなすりガラス。
前はなかったけど、席の仕切りのためにヘンな布をぶら下げていて、それがまた邪魔でしょうがない。
あと、店員を呼ぶのにも邪魔になってるし。
呼んでもこねえし。
まあ一番ひどかったのは料理だけど。
コース料理じゃなくてアラカルトで頼んだんだけど、シーザーサラダが取り分け用の小さな皿と同じ大きさの皿でやってきた。
な、なんじゃこら!これで700円もとるの!?
そのあとも、みんなちびっとちびっとずつ。
ケチくさ!
駅から近いので、多分場所代でそれなりに取られてるんだろうけど。
それにしてもなあ…。
あんまりひどいので、ちと強引に「デザートは別の店にしましょうよ」とか言って、千疋屋の喫茶店に移動した。
まあ、こっちも多少値がはるけど、それだけのことはある。うまい。
店かえて正解だったよ。

と、店の話ばっかりしてたけど。
向こうの人はお酒が飲めないらしくて(最近、お酒が飲めるタイプの方が珍しい)、ちょっと軽いカクテルだけ飲んでたら、急にいろいろ話しだし。
今までお見合いした相手のことを、聞いてもいないのに勝手にしゃべりだした。
面白かったからいいけど。
んー悪い感じじゃないんだけど、やっぱり真面目すぎってタイプなんだよな。
正直に「わたしは大雑把なので、合わないんじゃないかと…」と言ったら、「いや、見た目はそう見られますけど、マイペースだとよく言われますから」だと。
んー。マイペースと真面目は並立するからなあ。
とりあえず、もう一回ぐらいは会っとこう。

| | コメント (2)

寿への道 76

ふーっ。
昨日と今日と、たてつづけにお見合い。
さすがに疲れた。
両方とも相談所経由なんだけども。
そろそろやめようかなーと思ってたら、今月はやけに紹介人数が増えてて驚いた。
震災の影響が今頃?

昨日の相手は、顔合わせた瞬間「ないな」と感じた…。
どこがどうというわけじゃないんだが…。
話題を向けると、一人でずーっとしゃべっててくれるので、そういう意味では楽だった。
でもメールのやりとりからして、ちょっと違う感があったから…。
要領が悪いっつーか。
しばらく土日がふさがっているので、金曜日にお願いしますっつったら、「じゃあ○○でお茶しましょう」って返事がかえってきた。
仕事の後のお見合いでお茶っていう選択肢は考えてなかったので、ぶっちゃけ驚いた。
これは遠まわしに「夕飯を奢るのはアレだけど、お茶なら奢る」という意思表示なんだなと受け取って、先にスープストックでご飯を済ませてから待ち合わせに向かったのだった。
しかしスープストックのご飯ってあんなに量多かったか?
夕飯は米を控えているのに…。
しかもそのあとケーキ食ったから、ここんとこのダイエットが全部ぱーになった…。
まあそれはいいんだが。
一番イヤだなと思ったのが、二回も触られたこと。
まあ触るったっていやらしい意味はないんだろうけど、初対面で体に触るというのがまず考えられないし、それも半袖で衣服に隠されていない素肌の二の腕を触られたので、ゾワっとした。
ありえねえ。
というわけでお断り決定。

そんで今日もまた。
今日の人は写真の印象以上に真面目な人だった。
メールでのやりとりはイヤな感じではなかったんだけども。
付き合うとちょっと疲れそう。
映画の話では結構盛り上がったかも。
でも気になったのが、まばたきをするときに、目をくるっと一回転させる癖。
母親に「こういう癖が気になる」つったら、「そういう人結構いるでしょ!いちいち気にしないの!」と言われた。
確かに、たまにいるよね。一回転まばたきの人。
でも気になるといえば気になるのよ。
でもこちらの人はもう一回ぐらい会うかもしんない。

あああ。
疲れる。今年がラストチャンスだと思ってるのでがんばるけど。
思えば、通信教育の卒業式で、先生が連れてきていた出版社の編集の人がよかった。
でも、お見合い以外の出会いにはまったく慣れていなかったため、結婚しているのかどうかすらわからず。
そんなもんだよな。

| | コメント (2)

寿への道 75

今日も、例の人と会ってきた。
二週間ぶりか?
その間メールのやりとり一切ナシ。
向こうもあんまり乗り気じゃないんじゃないかなあ…と思ってたんだが。
まあ今日は前から約束していたこともあり、「天気悪そうだし、映画でも見ますか?」とこちらからメールしたら、「それがいいですね。時間と何見るかは任せます」という2行のメールが返ってきた。
やる気ねえな!
と思いつつも、「じゃあ、アクション系ならパイレーツ・オブ・カリビアン、ドラマ系なら英国王のスピーチ、邦画系なら岳でどうでしょう?」と、わたしなりに気を遣ったセレクションを送ったら、「頭使わない映画がいいんですがどれ選びますか?」という1行のメール。
ほんっとにやる気ねえなあ!!
とかなりイラっとしました。
仲介してくださった方、すみません。
結局、時間的にちょうどいいパイレーツにしてみた。
前作まったく見てないけど。
だから人間関係がいまいちわからんかったけど。
まあまあ面白かったし、いっか。
そのあとお茶したんだけど、「どっかありますか?」と言って動こうとしないので、わたしが前を歩いて知っている店に案内。
微妙におなかが空いていたので、ケーキセットを食べつつ、「これで最後ということを言ったほうがいいかな…」と悩んでいたら。
「次回はいつにしますか?」って…。
え?続けるつもりあるの?
よくわからん。

でも申し訳ないが、フェイドアウトさせていただきます…。

| | コメント (0)

寿への道 74

この間の合コン(?)で知り合った人と初回面会。
「ご飯にするか、お茶にするか?」と聞かれたので、「じゃあお茶で」ということになったのだが、待ち合わせ場所に行って、「じゃあどこかお店に…」と言ったら、「いきなりお店に行っちゃう?」と。
「え?何かしますか?」と聞いたら、「お台場とか行こうかと…」。
う~ん…。
だったらなぜ上野で待ち合わせにしたの?
という話で。
お台場に行くなら、待ち合わせもそれにあわせると思うんですけど…。
いずれにせよ、天気があやしくなっていたので近場で済ませることにした。
適当な喫茶店で軽くお茶をして、それから博物館へ。
ここもデートで来たことあったけど、初めてのような顔をして入る私。
前回は見なかった360シアターみたいなのは面白かった。
画面が360度あって、映像が大迫力。
子供が「扉が閉まるとこわいよ~!!」と泣き叫んでいたのが鬱陶しかったが、それ以外は満足。
そんで、あとはたらたら館内を回り、雨もやむ気配がなかったのでそこで帰ることに。
ん~。
話も普通だし、感じも悪くないんだけど…。
まっったく心が動かされないんです…。
一緒にいて楽しいという感じではまったくない。
なんか、会社の先輩と歩いているかんじ?
別に含みはないけど、心浮き立つ気配もないというか。

また連絡が来るのかどうかわからないけど…。
すみませんが、K子さんには「見込み薄」だと、それとなく伝えてください…。
一言一句伝える必要はまったくない!けども。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧