同窓会

昨日は、中学校の部活の同窓会があった。
なぜか、わたしの代と一つ上の代と一つ下の代だけ、というよくわからんコンセプト。
で、顧問の先生も呼んだというので参加してきたんだけど。

これがなあ~。
一つ上の先輩たちが、はっきりいってキャバクラのチイママと化していた。
で、当然のように顧問を独占して、正直ひとことしか会話しなかったよ。
まあ同期と盛り上がったからいいけどさ。

しかも、そのひとことというのがよりによって「金貯めてんだって?」。
開口一番に言うセリフか?
あ~こいつデリカシーが足んないんだな、ということを卒業25年を経てようやく悟った。
つか、ちえぞうさん経由の情報だろこれ。

| | コメント (4)

内視鏡検査

健康診断で引っかかり、大腸内視鏡検査を受ける羽目に…。
ううう…。
この一か月、ひたすら恐怖に怯えてきたのだが、やっと今日それが終了。
思った以上に大変だった。
わたしと同じように怯えている人も多いと思うので、ここに書き記しておこうと思う。

まず、検査は2日前から始まっている。(わたしが行った病院の場合)
2日前から繊維質のものや消化しにくいものは食べてはいけない。
つまり、野菜とか海藻とかきのことかですな。
野菜が食べられないというのは案外辛い。
かなり意識しないと、きっちり避けるのは難しいもんです。
その上、夜には下剤を飲まないといけない。
もう…?
わたしがこの下剤がなかなか効かず、翌日の会社で大変な目に遭いました。

そして、前日。
食べ物の制限がさらに厳しくなり、乳製品とかもNG。
果汁100%のジュースですらいけないらしい。
とにかく、炭水化物オンリーで乗り切った。
夜は消化のいいうどんにしましょう、と書いてあったので、素うどん。
これが消化よすぎて、夜にはおなかが空いてしまって参った。
しかも夜7時以降にはもう食べちゃいけないというんだから…。
この夜の空腹は人生においてもかなりつらい空腹だった。
そしてこの日も下剤を飲む。
それプラス、検査に必要だというよくわからない薬を朝昼晩と飲む。

そして当日。
平日にしか検査してもらえないので、わざわざ有給をとった。
で、朝からやることと言えば下剤を飲むこと。
今度は錠剤ではなくて、1.8リットルの下剤。
味はポカリみたいで全然まずくはないのだが、その分量が半端ねえ…。
もともと、わたしはあんまり水分をとらない性質なので、ほんっとに辛かった。
苦行でした。

そんで、とにかくひたすらトイレへ行く。
トイレに行った時間を記入しなくちゃいけなかったのだが、欄が10個あったにも関わらず、
それ以上の回数は確実にトイレに行った。

そして病院へ。
前のひとがスムーズだったのか、予定よりも早い時間から開始。
こ、心の準備が…!
しかしこの病院はすごく管理が行き届いていて、まず椅子とロッカーが置いてある小さな個室に通された。
そこで着替えることができるのだ。
上は検査着、下は紙パンツに履き替える。
で、いよいよ検査。

まずは、リラックスさせる点滴を打たれる。
これがまあなかなか痛い。
それから横になり、ぶっすーとやられる。
入れられた瞬間は記憶にないぐらい痛みはなかったのだが、そのあと腸の中をぐんぐん進むのがかなり痛い。
思わず力を入れてしまって怒られた。
でも痛いものは痛いからなあ。
画面で自分も映像を見られるのだが、なんだかヘンな感じ。
一か所だけ、なんだかちょっとふくれている部分があったので、そこの組織を切り取られた。
それもずっと見ていたんだが、痛みはないけどひっぱられる感覚はしっかりあった。
こわ。
最後、引っこ抜くまでがまたなかなか痛かったわけだが、あっという間に検査は終了。

すぐに先生の所見を聞かされる。
まあ悪い部分はなさそうな感じ。
切り取られた部分を病理検査に回すそうで、その結果は後日わかるらしいが。
そして、さっきの個室に戻り、椅子にすわって点滴が抜けるまでしばらく休憩。
思えば、おやじが大腸がんの手術をしたときは、個室じゃなくて数人が入れる面会室みたいなところで休んでいたから、かなりここの病院はいい感じ。

が、非常にショックなことが…。
今回は問題なくても、経過を観察するために、来年もまた同じ検査を受けないといけないらしい!
そ、そんなあああ!
もうこの検査受けるのイヤだよー!

はああ。

| | コメント (2)

あけおめです

あけましておめでとうございます。
相変わらずの過疎ブログですが、今年もよろしくお願いします。

去年は後半けっこうがんばりました…。
2013年末までのアクセス数は49822でした。
ありがとうございました!

今年もゆるゆる続けていく所存です。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

ゆーえすじぇー

行ってきましたよ。
今日帰ってきましたよ。
あー疲れたあー疲れた。
雨にも降られず、思ったより暑くもなく、無事に終わってよかったよかった。
誰かが「クソつまんねー」と言ったために危うく頓挫するところだったのだが、結論から言うと「結構面白かった」。
いろいろリニューアルしているのかもね。
アトラクションの中では、「スパイダーマン」がダントツに面白かった。
金にものをいわせて並ばずに乗れるパスを入手したのだが、これはやっぱり正解だった。
母親が不安がって乗ろうとしなかったので二回乗ったのだが、体への負担はさほどでもないが、なかなかの迫力。
一方、時間のムダだと思ったのは「バックドラフト」。
う~ん…なんか映画の説明がほとんどで、あとは炎をじっと見ているだけ。
映画を見ればそれでいいんじゃないか?
いちばん気に入ったのは「ウォーターワールド」かなあ。
前座みたいなのが抜群に面白かった。
あ、「ターミネーター」の綾小路麗華?も面白かった!
ここは役者がいい仕事をしている。
さすが映画村。
で、ジェットコースター系に乗れなかったのと、園内で食べたのがホットドッグだけだったのが心残りだが、おおむね楽しめた。
あ、バイオハザードもやりたかったなあ…。
チケットがなかったのであきらめたけど。

というわけで、ゆーえすじぇー以外は大阪城と水族館しか行っておらず、大阪らしい大阪の観光はほとんどしなかったのだった。
まあ目的が目的だったしな。
これで十分だわ。

| | コメント (2)

終わった

学校が終わった…。
本当は先週に終わっていたんだけど、疲れ切って書く気力もなかった…。

あー疲れた疲れたー!
もう二度とやんねー!

ほんっとに、大した金にもならんのに、なんでこんな因果なことを始めてしまったのか。
自分でも不思議でしょうがないよ。
まあ、ここでできた人脈もあって、なかなか無碍にはできないっつーのもあるんだけど。

なんと、誕生日が卒業式。
う~ん…まあみんなに誕生日だということを主張して、お祝いしてもらおう。
そんぐらいは役得かなあ。

| | コメント (2)

よ、よかったあああ

つらいつらい学校の日々。
毎日、胃の痛い思いをしている。

昨日はミスが見つかり、ショックで貧血を起こして倒れそうになった。
思い悩んだ挙句、ミスはみなかったことにした。

そんな鬱々とした日々だったんだけど、今日やっといいことが!

この間学校でやったコンクールで、わたしの生徒が一番いい賞を取った!
しかも、教えている間にいろいろいろいろあって、本当に思い悩んだ生徒。
これで、全部帳消しになるとは思っていないけど、
とりあえず信頼関係を取り戻せるんじゃないかと。

あーよかった。
あーよかった。

ちなみに、二番目にいい賞もうちの生徒だったよ。
すげえな。
わたしじゃなくて生徒がね。

| | コメント (2)

はじまった

いよいよ学校がはじまる。
来週…再来週?の月曜日からなんだけど…もう準備でパニック状態。
前回と同じくらいの気持ちで考えていたら、全然ハードだわ。
つらい。
始まる前から後悔している。

逆に言うと、生徒にとってもハードなので、回答が返ってこないときには返ってこないらしいけど。
あんまりやる気のありすぎる生徒さんに当たらないことを祈る。

というわけで、しばらく沈みます。
ぶくぶくぶく…。

| | コメント (0)

のろぎわく

下痢がひどい。
実は、おととい早朝に親父から電話があったのだ。
「下痢がひどい。ノロかもしれないから家を消毒しろ」って。
え?よくわからんけど、病院に行かせた方がいいかと思って、また電話で折り返して、「今どこ?」と聞いたら、うちにいた。
ベッドから起き上がれなかったらしい。
紛らわしいな。
しかし、病院にいったらノロではなくて、古い食用油を使ったせいじゃないかと言われて、「まあノロじゃなくてよかったよかった」となったんだが、次の日、今度は母親が下痢と嘔吐でノックダウン。
まあ家族みんな同じ油使っているからな…と思ったら、今日になってわたしも…!
下痢には慣れているつもりでしたが、ほんとうに会社休むレベルでした。
休まなかったけど。
やっぱりこれってノロじゃないの?
まあ収まりつつあるから病院行かないけど。

しかし、ここんところちょいちょいイヤなことがあるんだよな。
昨日は、改札通るときにぼーっとしていて、つい違う定期を使って入ってしまったのだった。
(二枚を使い分けているので)
で、「あ!」と思ってつい立ち止まったら、後ろから通ろうとしていた人が「え~!なんで~!?」って大声で。
まあふつうに改札に入れたのに立ち止まったからヘンに思ったんだろうけど、その言い方がイラッとした。
ので、謝ることなくすたすたと去っていき、駅員さんにもう一回入りなおさせてもらったのだった。
しっかし、「なんで?」と思うのはまあふつうかもしれないけど、そんな大声で叫ぶか?
思い出しても腹が立つ。

それから昨日のこと。
学校が始まる前にパソコン用の眼鏡を作ろうと思って、眼鏡屋に行った。
そしたら検眼してくれる担当がえらい若造で。
まあ感じは悪くないんだけど、接客トークがすっごい無理やり。
機械をアルコールで消毒するのに、「アルコールにアレルギーはないですか?」まではふつうだけど、「いいえ」と答えたら、「ぼくはあるんですよね。注射の前のアルコールで皮膚が赤くなっちゃうんです」と笑顔で。
そのトーク必要か?
あと、席に着いたら「きれいですね!」って。
まさか顔のことではないと思ったのだが、何をきれいといったのかわからず、「??」となっていたら、わたしが選んだ眼鏡のデザインが「きれいですね」だった。
自分とこの商品だろ?

ん~人生いろいろ。

| | コメント (2)

ラグジュアリー

今日は日本橋の超ラグジュアリーホテルのMに泊まってきた。
ラグジュアリーって、結局部屋のグレードというよりも、ホスピタリティのことなんだなあ。
ということを実感。
お値段は、この間泊まった夕朝食付きのお宿よりも、朝食だけ付いて軽く1万は越すといお値段。
しかし、やっぱり泊まってよかった。
こういうホテルに泊まると、心が豊かになるわ。

まず、ホテルのドアをドアマンが開けてくれる。
そしてフロントまで連れて行ってくれる。
フロントから部屋までは女性が案内してくれる。
(女性客には女性が案内するというのもラグジュアリー系ホテルの特長)
わたしはいつも「ターンダウンは不要」ということにしているのだが、そこからさらに「もしお部屋でおくつろぎになりたいのでしたら、こちらのボタンをつけておきますね」と、そこまで類推して「ドントディスターブ」にしておいてくれた。
一を聞いて十を知る…ってこういうことなのね。
ちなみに、ターンダウンというのは、部屋を就寝仕様にしてくれること。
最初のお飾り用のベッドから、寝られるようにしてくれたり、タオルを交換してくれたりするのだが、これがなんか係りの人を「使役している」感じがすごくして嫌いなのだった。
あといつターンダウンが来るかと身構えていなくちゃいけないのもいやだ。
正直、ターンダウンを嬉々としてやってもらう客の気持ちがわからんわ。
そんで、氷を持ってきてもらったら、一緒にウエルカムドリンクのハーブティーが…。
あとは帰りも、チェックアウトの担当の人がわざわざ一階まで下りてお見送りしてくれた!
そんなホテルは初めてだよ…。

唯一の不満は寝間着かな。
浴衣しかないのは残念無念。
たぶん、外国人客が多いのであえて浴衣にしているんだろうけど、わたしはパジャマの方が好き。
あと致命的だったのは、その浴衣にガムみたいなのがべたっとくっついていたこと。
これはホテルというよりもクリーニングの問題だと思うけど、正直びっくりした。
まあ浴衣はもう一枚あったので、そのくらいで文句つけるのもアレなので見て見ぬふりをしたけれども。
サービスが際立っていた分、部屋のメンテナンスがイマイチなのは気になったかもしれない。
でも、値段に比較してどうしてもそういうところの点が辛くなるということで、他のホテルにくらべたらあんた…。

一番良かったのは部屋からの景色。
窓も大きくとっていて、一大パノラマが広がっている!
東京駅からちょっと離れていて、、ロケーション的にめんどくさいなと思ったのだが、もしかしたらこの景色のためにあえてこの場所にしたのかもしれない。
というぐらい、他に高いビルも何もない、スバラシイ眺め。
スカイツリーが真ん前に見えた!
そして、遠くの方ではディズニーランドの花火も見えた!
部屋に景観を楽しむための双眼鏡を置いてあるホテルは、ここ以外にはあるまいな。
最近は安めのホテルが多かったけど、やっぱり定期的にこういうホテルに泊まらないといかんな。
あと制覇したいのはリッツカールトンなんだけど…。いつになることやら。

ついでに、せっかく有給とったので、眼医者にも行ってきた。
今年にはいってから目にゴミみたいなのが見えるようになってきたから。
うちからマジで歩いて二十歩ぐらいのところにあるのに、たぶん初めて行った。
瞳孔を開く目薬をさされたので、正直まだ画面が見えにくいのだった。
まあ結果から言うと老化現象。
ゴミが増えると逆にゴミの位置がかわって見えやすくなるかも…と言われた。
それもどうなんだろう…。
まあとりあえず、薬も何もでなかったのはありがたい。

| | コメント (2)

伊豆旅行 二日目

二日目。

枕が変わると眠れないわたしは、案の定全然眠れず…。
しかし、テンションが高くなっていたので、特に疲れている感じはなかった。
朝風呂に入って、これまた豪華な朝食をいただく。
なんだろう、いわゆる定番の「旅館の朝食」なんだけど、どれもこれもうまいんだよなあ。
旅行で料理はかなり重要だと再認識した。

チェックアウトして、まずは昨日のリベンジということでシャボテン公園へ。
しかし、天気予報では晴れだったのに、いきなり雪が…!
雪の中で、カンガルーやワラビーを見たわたしたち。
しかし、これらの動物はほとんど放し飼い状態なので驚いた。
客と動物の間に柵がない。
大丈夫なのか?
そのあとはカピバラの温泉を見た。
カピバラは結構でかい。そして結構ケンカする。
「カピバラの気のすむまで」温泉に入っているそうなので、そんなにあわてて行くことはなかったのかもしれないな。
そのあとチンパンジーの学習発表会を見た。
これは、司会のお兄さんの手際がうまくて、芸はそれほど大したことはないんだけど、めちゃくちゃ面白かった。
このお兄さんはもしかして有名なんだろうか。
帰りに駅にあったシャボテン公園の広告にあのお兄さんがデカデカと出ていたぞ。

そして今度はタクシーで熱川に向かい、イチゴ狩り。
1500円で30分(時間は適当でいいらしい)ということだったのだが、全然元がとれねえ!
紅ほっぺ(かな?)はめちゃくちゃおいしかったんだが、一粒がでかいのですぐにおなかがいっぱいになってしまったのだった…。
悔しい。
そのあとはバナナワニ園へ。
シャボテン公園は屋外が充実していたけど、こっちはほぼ屋内。
でも、バナナワニ園というわりにはワニの人気がいまいちで気の毒だった。
完全にレッサーパンダに人気を奪われていた。
そこの喫茶室でトロピカルサンドを食べて一休み。
しかし、このサンドイッチはいままで食べたサンドイッチの中で、一番パッサパサだったなあ~。ありえんわ。

そしてさらに稲取へ移動して、つるし飾りを見ることに。
しかし、会場があちこちにちらばっていたので、タクシーで2か所を回ってもらったのだった。
時間がなくてじっくりは見れらなかったのが残念だけど…。
手作りと思うと胸に迫るものがあるな。
そして最後、河津桜を見るために河津まで。
だが、例年ならこの時期すでに満開のはずなのに、今年はまだ三分咲き程度。
ちょっと物足りなかったが、もともと花の色が濃い桜なので、三分でもまあまあ見応えがあった。
三分咲きで夕方に行ったにも関わらず、かなりの人出だった。
これが満開だったらと思うと…。
まあこのタイミングでよかったのかも。

そんなこんなでようやく旅行は終了。
さすがに疲れた…。
次はもうちょっとゆっくり回りたいです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧